着物染め直し・着物染め替え

・公庄工房では「着物染め直し」のあと、模様のある着物には程よく上質の金彩仕上げを加え、
着物にとっての最後のお化粧を施します。
金彩を予算に合わせて加えることで一段と格調高い着物に仕上げることが出来ます。

これは経験を積み重ねた着物職人にしかできません。
着物職人は長年の経験により着物を一目見れば如何に仕上げれば最高の着物に出来るかが解るのです。
染め直しは、着物を購入するのに比べると非常にお安い価格で新しく生まれ変わった着物に出来ます。

掲載させていただいてる例は全て公庄工房での実際の例になります。
是非、掲載写真のご協力をお願い致します。

下記の各実績において、タイトル名をクリックしていただくと、各実績の詳細画面が表示されます。 是非ご覧下さい。 また、画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

訪問着染め直し

訪問着染め直し

きれいに染め直すことが出来ました。
心配していたアイロンのこげあとや黄色く変色していたところなどすべて分からなくなっております。最後の仕上げに金、銀の砂子をかすみぼかしにして加えました。
このように金彩を加えるのが京友禅の特徴の一つです。
一段とグレードが上がった状態に仕上がりました。
お母様にも喜んでいただけると思います。

派手な着物を染め直し洋服に作り変えたい。

染め直して洋服仕立

模様も模様に使われている金彩もできる限り見えないように・・・とのご注文でした。

訪問着染め直し。

訪問着染め直し
金彩加工は着物にとって最後のお化粧です。それぞれの着物には一番ふさわしい化粧の仕方があります。

 

実は、知り合いの着物屋さんに相談したところ、染め直しにお金をかけるのなら、
新しいものを作った方が良いと勧められていました。 しかしそれでは、この着物は
二度と日の目を見ることは出来ず、この着物を手にしたときの喜びを考えるにつけ、
残念で諦めきれずにおりました。

付け下げ訪問着染め直し

  付け下げ訪問着染め直し
変色の程度やきものの地色の濃さによって、しごき染めなどの染直しの処方箋があります。

お母さんの振袖を染め直し娘さんへ

お母さんの振袖を染め直し娘さんへ
柄は個性の強い紺色の地色に負けない華やかさを出すため、金彩加工を随所に施しました。この振袖は「雲取りに割付」と言う古典柄ですが、
大勢の娘さんの中では非常にシンプルな柄で新鮮な感じがした。と喜んでいただけました。

掲載させていただいてる例は全て公庄工房での実際の例になります。写真の掲載のご協力をお願い致します。