京都・着物つれづれ

訪問着「琳派四季草花」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

公庄工房では世代を越えて着ていただける着物つくりをしています。
今回は「琳派四季草花」
琳派模様は着物に広く活用され見飽きることのない古典模様になっています。

公庄 武雄 の紹介

京友禅職人として40年、 日曜祭日は畑仕事に余念がない、今やセミプロくらいに成長、野菜については自給自足を達成している、サル、シカとの闘いに苦慮。 酒、読書、猫のクーを友とする。