着物染め直し・着物染め替え

・公庄工房では「着物染め直し」のあと、模様のある着物には程よく上質の金彩仕上げを加え、
着物にとっての最後のお化粧を施します。
金彩を予算に合わせて加えることで一段と格調高い着物に仕上げることが出来ます。

これは経験を積み重ねた着物職人にしかできません。
着物職人は長年の経験により着物を一目見れば如何に仕上げれば最高の着物に出来るかが解るのです。
染め直しは、着物を購入するのに比べると非常にお安い価格で新しく生まれ変わった着物に出来ます。

掲載させていただいてる例は全て公庄工房での実際の例になります。
是非、掲載写真のご協力をお願い致します。

下記の各実績において、タイトル名をクリックしていただくと、各実績の詳細画面が表示されます。 是非ご覧下さい。 また、画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

着物染め直し

昨夜、着物を受け取りました。
ありがとうございました。
上品な訪問着に染め上がってとても気に入りました。
希望どおりの色で予想以上の仕上がりでした。
着物染め直し
着物染め直し

雨コート染め直し

雨コート染め直し
お預かりしています雨コート染め直し出来上がりました。雨コートには強い防水加工がしてあるので染め直せない場合もありますが、このコートはテストの結果染め直せることが分かりました。お母様のコートを娘様の寸法に直して仕立て直しました。

 

元の色が濃い色だった為、淡い色に染め直しができるか心配していましたが希望していた色に仕上がっていて良かったです。
以前は派手で着ずに眠らせていましたが、今後は着ることができます。
サイズもぴったりでした。

黒留袖染め直し

黒留袖染め直し

黒留袖染め直し出来上がりました。
染め直したことで黒留袖らしい重厚な模様がよみがえりました。
金彩もやり直しましたのでより豪華になり、おめでたい席にふさわしい黒留袖になりました。模様の中に少し裂けたところもありましたがカケツギで直しました。

 

まるで新品のように素晴らしい黒色となり、金彩を丁寧に入れ直してくださったので、豪華さも増しております。
寸法直し、比翼などの取り替えもしていただき、まさに新品です!

 

留袖染め直し

黒留袖染め直し

模様の中の派手な部分に金彩を入れ落ち着かせました。 加賀調の友禅ですので金彩が目立つことのないようにしました。 全体が落ち着いて穏やかになったと思います。

色無地、紬染め直し

色無地、紬反物染め直し、仕立て直し

色無地染め直し出来上がりました。
K様のお好みの色のようで安心しました。 紬は赤い横糸を気になさっていましたが、この色に染めて生きてきたように感じます。秋によく合う地色になったと思います。

振袖染め直し、長襦袢仕立て直し

振袖染め直し

振袖をご指定の地色に染め直し、娘様の寸法で仕立て直しました。裄丈は生地いっぱいに仕立てましたがご指定の寸法には少し足りませんでした。

ポイントの扇には金彩を加え振袖らしく豪華に仕上げてあります。
長襦袢にもあちこち裂けていたり穴もありましたがカケツギで直して仕立て直しました。

色無地染め直し、大島仕立て直し、付け下げ洗い袖丈直し、泥大島手洗い仕上げ

着物染め直し
お預かりしています色無地染め直し、大島仕立て直し、付け下げ洗い袖丈直し、泥大島手洗い仕上げ出来上がりました。沢山のお仕事有難うございます。

 

今日、着物が届きました。
どの着物も、とても丁寧に仕上げて下さり本当にありがとうございました。
色無地とても落ち着いた色に仕上がり、とても嬉しいです。
これならずっと着られます。京都で相談にのっていただいてよかったです。

訪問着染め直し

訪問着染め直し

もとの上品な雰囲気をできるだけ生かせるよう気を付けました。
染め直した地色はほぼご指定の色で染め直すことができたと思います。

染め直し地色が濃くなったことで梅の花のピンクが気にならなくなっているのではないでしょうか。 これでいつまででも着ていただける訪問着になったと思います。

色無地、道行コート染め直し

色無地、道行コート染め直し

色無地、道行コート染め直し出来上がりました。
色無地はご指定の地色に染め直すため色抜きをし染め直した後、描き紋を入れなおしました。 染め直した地色はご指定の地色に染まっています。道行コートは染め直す前の地色を生かして染め直すことが出来ました。

 

丁寧に仕上げてくださり嬉しいです。
色無地は、イメージ通りです。
また、道行コートはぼかしが良くいかされていて有り難いです。

留袖染め、仕立て直し

留袖染め直し

染め直し出来上がりました。
金駒刺繍のところは金彩を加えカバーすることになりました。 また他にも敗れかかったところが見つかりましたのでかけつぎをして直しました。

生地が弱っていましたので金駒刺繍をやり直すことが出来ませんでした。その部分には金彩を入れカバーしました。

掲載させていただいてる例は全て公庄工房での実際の例になります。写真の掲載のご協力をお願い致します。