着物染め直し・着物染め替え

・公庄工房では「着物染め直し」のあと、模様のある着物には程よく上質の金彩仕上げを加え、
着物にとっての最後のお化粧を施します。
金彩を予算に合わせて加えることで一段と格調高い着物に仕上げることが出来ます。

これは経験を積み重ねた着物職人にしかできません。
着物職人は長年の経験により着物を一目見れば如何に仕上げれば最高の着物に出来るかが解るのです。
染め直しは、着物を購入するのに比べると非常にお安い価格で新しく生まれ変わった着物に出来ます。

掲載させていただいてる例は全て公庄工房での実際の例になります。
是非、掲載写真のご協力をお願い致します。

下記の各実績において、タイトル名をクリックしていただくと、各実績の詳細画面が表示されます。 是非ご覧下さい。 また、画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

黒留袖染め直し

黒留袖染め直し

黒留袖染め直し出来上がりました。
裾模様に新しく破れ霞三本、バランスをとって入れました。 これで裾の乱菊模様がより安定しました。 紋がかなり薄れ汚れていましたので描き直しました。

 

古い着物がよみがえり新品以上のすばらしい留袖になりました。
この留袖で式にのぞみ、いずれ娘に譲ることができることを嬉しく思います。
公庄工房様に出会いこのような新たな感激をうけましたこと本当に感謝申し上げます。

朱色の付け下げ染め直し

付け下げ染め直し

染め直し出来上がりました。胴裏はかなり汚れていましたので新調しました。
地色の朱がかなり濃い色でしたので綺麗に抜くことが出来るか心配しましたが何とかうまく抜けました。
御指定の抹茶色に染まっています。
これで長く着ていただくことが出来ると思います。

黒留袖染め直し

黒留袖染め直し

お預かりしています黒留袖染め直し出来上がりました。裾模様には金彩を少し加えましたので購入された当時に戻せたのではないでしょうか。

 

楽しみに致しておりました留袖が無事に我が家へ戻ってきました。
丁寧にお仕事頂きまして仕上がり具合にとても満足しております。
手触りが硬かった絹がしなやかになりました。

黒留袖染め直し

参考価格 140,000円
お預かりしています黒留袖染め直し出来上がりました。 何とか間に合うように仕上げることが出来ました。

留袖染め直し

黒留袖染め直し

黒留袖染め直し出来上がりました。
刺繍の外れた部分など留直してあります。
金彩はあまり目立たないよう金くくりで仕上げました。
地色は元の黒い色に染め直しました。
これで購入された当時の状態になっています。

色無地染め直し

色無地染め直し

色無地染め直し出来上がりました。
赤かった色無地が落ち着いたグレーの着物に生まれ変わりました。 紋は一度消して新しく入れ直しました。 もとは袖丈がかなり短く仕立ててありましたが普通の1尺3寸の長さで仕立て直しました。

 

今回初めて染め直しをしてもらいましたが、こんなに変わるものだとは思っていませんでした。
ほんとに、感激しております。

訪問着染め直し

訪問着染め直し

訪問着染め直し出来上がりました。
のし模様に使われています朱色は、染め直して地色が濃くなったことで少し柔らかくなり派手な事はないと思います。 禿げかかっていた金彩部分も元に戻してあります。

 

本日着物が届きました。
とても綺麗な色で大好きな色に染めていただき本当にありがとうございました。
のし模様も落ち着いた色合いにしていただき、また金彩まで直していただいてとてもありがたかったです。

コート染め直し

道行コート染め直し

道行コート染め直し出来上がりました。
かなり汚れがきつかったのですが綺麗に落とせました。 裏地も地色に合わせて新しくしました。

 

本当にいい色ですねえ。前のよれよれの道行が見違えるようです。ありがとうございました。
とても気に入りました。どうぞHPへご掲載ください。

色無地染め直し

色無地染め直し

生地を特殊な液で漂白をして染め直しました。 古い生地でしたのでどうしても変色しています。それをできるだけ白い生地に戻してからご指定の色で染め直しました。身丈が足りませんので帯下に当たる部分生地を足して仕立てました。この部分は帯下になりますので見えません。

 

本日着物が届きました。
地紋が引き立つ、素敵な色に仕上がっていますね。
手間のかかる作業をしてくださったのだと感謝しております。
ありがとうございました。

色無地、訪問着染め直し

色無地 訪問着 染め直し

訪問着、色無地染め直し出来上がりました。
訪問着は下の地色の朱が濃いかった為ご指定の色より少し赤い目の紫になりました。 ポイントの模様には金彩をいれより豪華に仕上げました。色無地は朱の地色を色抜きしご指定の地色に染め直しました。

 

金彩での豪華仕上げ、布地の美しい光沢、さらに紋を加えるという
提案をしていただいたので新しい着物を手に入れた感覚で
とてもうれしく思います。
色無地は落ち着いた希望の色になりました。
この色なら、かなり歳を重ねても着られそうです。

掲載させていただいてる例は全て公庄工房での実際の例になります。写真の掲載のご協力をお願い致します。