お母さんの振袖リフォーム

掲載させていただいてる例は全て公庄工房での実際の例になります。
是非、掲載写真のご協力をお願い致します。

品質の高い国産の着物を活用

振袖は、独身の日本女性にとっては大事な正装です。
現在レンタルの振袖の多くは、インクジェット印刷の製品が多くなっています。
一般の方の間にも、なんと薄っぺらな振袖なのかと言われています。
お母さんの振袖は生地、柄、染めともに品質の高い仕事が施されています。
一流の職人達が染め直して金彩仕上げを加えると、新しい振袖となって生まれ変わります。
たくさんの振袖が並ぶ成人式では、上質の振袖は一目見れば差が分かります。
ぜひお母さんの振袖を活用され、お母さん御自身の二十歳の頃を思い出されてはいかがでしょう。

下記の各実績において、タイトル名をクリックしていただくと、各実績の詳細画面が表示されます。 是非ご覧下さい。 また、画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

振袖模様直し、仕立て直し

振袖模様直し

振袖仕立て直し出来上がりました。花丸の中に朱、利休、ローズの色を足して模様が浮き上がるようにしました。

 

店内のどの方も、振袖や訪問着の写真に見入って、こんなにこだわりのあるお客さんは初めてですと言われました。(写真、振袖を見るのに黒山の人だかりになりました)
一緒に同伴した友達も、写真で振袖見せてもらったけど、実物はもっといいと興奮してました。

振袖染め直し、長襦袢仕立て直し、袋帯直し

振袖染め直し
振袖染め直し、長襦袢仕立て直し、袋帯直し出来上がりました。

 

32年前、私の一昨年亡くなった母に買って貰ったお振袖が、
公庄工房様に又命を吹き込んで頂き、
素敵に生まれ変わったみたいで、
私の心と母の思い入れが、しっかり娘に引き継がれて行くようで、
とても嬉しいです。

振袖染め直し

お母さんの振袖染め直し
模様のバックに金彩で雲取り方を加えましたのでかなり豪華になりました。染め直した地色も娘さんにはよくお似合いになると思います。

 

肩のスジの件は少し残念ですが、手を尽くしていただいた結果ですので
仕方ありませんね。
その件以外はとてもキレイに仕上がっていて、
本人も含めとても喜んでいます。

お母さんの振袖仕立て直し

振袖に金彩加工
現在多く見受けられます機械印刷(インクジェット印刷)の振袖に比べお母さんの振袖は生地もはるかにいい生地が使ってあります。
模様も手描友禅で丁寧な仕事がなされています。
金彩仕上げを加えますと豪華な振袖となって生まれ変わってきます。

振袖「源氏車に宝ずくし」洗張り・仕立て直し

振袖仕立て直し
スッキリした模様の源氏車に金駒刺繍を加えましたので一層引き締まったと思います。背の高い娘さんですのでよくお似合いになるでしょう。

 

公庄様のご誠実なお人柄がわかって、かえって安心できました。
また機会がございましたら、ぜひご相談したいと思っております。

振袖「花車」染め直し

お母さんの振袖染め直し
菊、牡丹など白い花の部分にたくさんカビによるシミがありました。このシミを落とすのはなかなか大変ですがほとんどきれいに落としてあります。

 

家族皆で布手袋をつけ、振袖・裾の模様を眺め、母の着物がこんなにも 美しく生まれ変わったと、皆で大喜びしています。
あんなに沢山あったカビや汚れが全て無くなり、花の模様を生かして染めていただいた色が、とても綺麗です。

お母さんの振袖染め直し娘へ

お母さんの振袖染め直し
染め直す過程の中で刺繍が少し痛みましたので直してあります。絞りの風味もできる限り痛まないように気をつけました。

 

機械染(インクジェット印刷)の振袖が多くなっている今、お母さんの振袖は生地も格段に良く丁寧な仕事がなされています。
こうして染め直し手を加えますと新しい振袖となって生まれ変わります。
娘さんの振袖姿はお母さんもその頃がよみがえってくるのではないでしょうか。

「観世流水に花の丸」振袖仕立て、長襦袢仕立て

振袖仕立て直し、
振袖娘様の寸法で本仕立て長襦袢も飾り襟をつけ新しく仕立てました。現在多く出ています機械印刷(インクジェット印刷)の振袖と違い非常に立派な振袖です。

お母さんの振袖に金彩、長襦袢仕立て直し

お母さんの振袖仕立て直して娘へ
振袖は生地白の地色部分が少なく染め直した効果があまりないようでしたので模様の中に金彩を多く加え豪華さを出すことをおすすめしました。

 

タンスに眠っていた私の28年前の振袖がとても綺麗になって蘇りました。
古典的なちょっとおとなしい柄の着物でしたが、新たに金彩を加えることで
華やかで現代風の着物になりました。
娘に着せるのがとても楽しみです。

お母さんの振袖染め直し、長襦袢仕立て直し

お母さんの振袖を読め直し娘へ
染め上りを見ましてやはりこの色でよかったと思います。この振袖に合わせてポイントの花に銀彩を加え模様に少し厚みを持たせました。

 

私が着た振袖を娘にも着て欲しい気持ちがあったのですが、呉服屋さんに相談するのもなんだか敷居が
高くあきらめていました。
そんなとき、公庄工房さんのHPをみつけました。
これまでの作品を拝見したり、いろいろ読ませていただき、思い切って振袖の染め直しを決めました。

掲載させていただいてる例は全て公庄工房での実際の例になります。写真の掲載のご協力をお願い致します。