着物仕立て直し

公庄工房では、ご指定の寸法で仕立て直すだけでなく、カビ、シミ、襟の汚れ、等、丸洗いでは落とせない汚れもきれいに落とし、破れや刺繍剥がれなどもカケツギなどで修復し出来るだけ購入されたころの状態に戻し仕立て直します。

模様によっては最後に金彩を加えその着物が持っている最高の状態に仕上げています。それにはどのような作業をすればいいのか職人であれば長年の経験ですぐに分かるのです。あきらめずに一度お問い合わせください。

掲載させていただいてる例は全て公庄工房での実際の例になります。
是非、掲載写真のご協力をお願い致します。

下記の各実績において、タイトル名をクリックしていただくと、各実績の詳細画面が表示されます。 是非ご覧下さい。 また、画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

色留袖直し、夏袋帯手洗い仕上げ

色留袖仕立て直し、夏帯手洗い仕上げ
地色の剥げ、焼けていた部分は地色補正してあります。金彩仕上げを加え少しグレードを上げました。ファンデーションもきれいに落としてあります。 身丈につきましてはこのままでも大丈夫のようですのでそのままです。 夏帯は手洗いをして汚れを落としました。

手洗い仕上げは、シミカビ落としの職人さんが仕事机の上で一着ずつ道具を使って洗います。シミ、汚れによっては薬品も使いきれいに落としてゆきます。古い汚れの場合には落とせない場合もあります。

訪問着柄足し、仕立て直し、小紋仕立て直し、コート仕立て直し、長襦袢新調

着物仕立て直し、染め直し
御主人様と京都旅行を兼ねての御来訪有難うございました。 お預かりしました訪問着柄足し、仕立て直し。小紋仕立て直し。コート仕立て直し、長襦袢新調、出来上がりました。

訪問着には御希望の山桜をあちこちに咲かせました。
これで春、秋ともに来て頂けます。
小紋には御指示通り一つ縫い紋を入れ仕立て直しました。

色無地染め直し、紬仕立て直し、付け下げシミ、汚れ落とし

着物仕立て直し、染め直し

付け下げのシミ、汚れはかなりありましたがおおよそきれいになっています。
よく見るとわずかに残っているところがありますがこれ以上は落としきることができませんでした。御了解お願いします。
紬は描き紋を入れ単衣、居敷当て仕立てになっています。
色無地は、色抜きの後漂白し御希望の色で染め直しました。
金彩の破れ霞を加え付け下げに仕上げました。
この着物もよく見るとほんのかすかにシミがあります、漂白の後シミ落としをしましたが落としきることができませんでした。

振袖、長襦袢裄丈直し

お母さんの振袖仕立て直し
振袖の裄丈直しの際胴裏が袖幅ギリギリでしたので新しくして仕立ててあります。
御所解き模様の霞、雲などの金彩が変色して黒ずんでいましたので金彩を純金でやり直しました。模様のポイントには金くくりを加えはっきりさせました。
これで金彩が輝き購入された当時の状態以上になっていると思います。
振袖は手を加えますとかなり立派になって蘇ります。
インクジェット印刷の振袖が多い中、本物との格段の違いをご理解していただけると思います。

訪問着直し、大島紬仕立て直し

大島紬仕立て直し、訪問着手洗い仕上げ
仕立て寸法が変わりましたので胴裏も新しくしなければなりませんでした。
その金額も含まれています。
いつもたくさんのお仕事を頂きありがとうございます。
オーダーご注文いただきました紬訪問着「秋草模様」はお茶席での評判はいかがでしたでしょうか?

訪問着、鮫小紋、長襦袢仕立て直し

訪問着、鮫小紋、長襦袢手洗い仕上げ、仕立て直し
カビによるシミはなかなか落とせませんでした。
鮫小紋はこれ以上しますと小紋の色が薄くなってしまいます。
訪問着、小紋ともに少しシミが残っていますがこれ以上は落とすことができません。
申し訳ありませんがご納得頂きますようお願いします。

小紋八掛け付け直し

小紋仕立て直し、

小紋を確かに受け取りました。

戻ってきた着物を見ると、”女っぷり”があがったようです。
アドバイスいただいたように、しばらくこのままで着用し、
何年後かに染め替えをお願いできればと思います。

> この小紋を私のHPに掲載のお許しをお願いします。

もちろん大丈夫です。
京友禅の工房さまに、
染め替えやおあつらえと違い、プチお直しをお願いしてしまい
恐縮なのですが、お役に立てるようでしたら掲載してください。

単袖、雨コート、長めのコート仕立て直し

紬、コート仕立て直し
単衣紬はシミが落としきれず少し残っている部分があります。
古いシミであったと思います。
申し訳ありませんがご了解をお願いします。
この着物を私のHP京友禅公庄工房に掲載のお許しをお願いします。
去年オーダーして頂きました訪問着「楓に古楽器」の評判が良くあのような訪問着を作りたいとメールいただきました。

訪問着仕立て直し

訪問着仕立て直し
シミ、汚れはできる限り落としましたが落としきれませんでした。
気になりそうなところは金彩をすることで隠してあります。
小さい穴が少しありましたのでその部分は掛け継ぎ出直してあります。
喪服

訪問着仕立て直し

訪問着仕立て直し
今回は古い着物でしたのでシミ、汚れがかなりありました。
模様の周りにも金駒刺繍のアクが出て黄色く変色していました。
シミの落としきれないところには銀彩を霞み状に加えて隠しました。
隠しきれない部分もありますがこれ以上銀彩を加えますと品がなくなります。
銀彩はバランスも考えて加えました。
これで着ていただけるようになりました。日曜日のパティーにも間に合わせることができました。
明るい地色ですので華やかになったと思います。

掲載させていただいてる例は全て公庄工房での実際の例になります。写真の掲載のご協力をお願い致します。